レビトラジェネリックを通販で購入

レビトラのジェネリックとは、当サイトにおいては通販サイトで個人輸入できる海外製のジェネリックを指します。

レビトラは日本国内で新薬の特許が切れていないため、国産のジェネリック医薬品(後発医薬品)は販売されていません。

ネット通販を利用すれば、海外製のレビトラジェネリックを購入することができます。

レビトラジェネリックの通販購入

当サイトでは、通販で購入できるレビトラのジェネリック医薬品として、以下の商品を紹介しています。

  • バリフ
  • ビリトラ
  • ジマトラ
  • サビトラ10mg
  • スーパージェビトラ

バリフ

バリフはインドの製薬会社アジャンタファーマ社が販売しているレビトラジェネリックです。通販で購入できるレビトラジェネリックの中でも、最も人気のある製品となります。アジャンタファーマ社は代表的なバイアグラジェネリックであるカマグラゴールドの販売元としても知られています。

こちらはあんしん通販マートで取り扱っているバリフです。バルデナフィル20mgを含んだ錠剤が1シートに10錠入っており、価格は2,980円(1錠あたり298円)となります。
まとめて購入すると割引となり、最大7箱で13,961円(1錠あたり199円)まで値下がりします。

ビリトラ

ビリトラはインドのセンチュリオン社が販売しているレビトラジェネリックです。バリフと同じくバルデナフィルが20mg含まれていますが、価格はバリフよりも安くなります。バリフが知名度やブランド性があるのに対し、ビリトラはコストパフォーマンスが最も高いレビトラジェネリックとなります。

こちらはあんしん通販マートで取り扱っているビリトラです。バルデナフィル20mgを含んだ錠剤が1シートに10錠入っており、価格は2,480円(1錠あたり248円)となります。
まとめて購入すると割引となり、最大10シートで16,980円(1錠あたり169円)まで値下がりします。

ジマトラ

ジマトラはインドの ジマーファーマ社が販売しているレビトラジェネリックです。 ジマーファーマ社は、日本人向けのジェネリック医薬品に力を入れている製薬会社です。ジマトラはパッケージおよび添付文書が全て日本語となっており、日本人が内容をしっかりと把握できるようになっています。特にバルデナフィル製剤を初めて個人輸入する人にとっては親切な製品と言えます。

こちらはあんしん通販マートで取り扱っているジマトラです。バルデナフィル20mgを含んだ錠剤が1箱に10錠入っており、価格は3,980円(1錠あたり398円)となります。
まとめて購入すると割引となり、最大7箱で9,957円(1錠あたり142円)まで値下がりします。

サビトラ10mg

サビトラはインドのサバメディカ社が販売しているレビトラジェネリックです。サビトラの特徴として、20mg錠の他にも半量の10mg錠があります。レビトラおよびレビトラのジェネリックで副作用が気になる方や、10mgが最も体に合うという方は、錠剤を割る必要がないサビトラ10mg錠が適しています。

こちらはあんしん通販マートで取り扱っているサビトラ10mgです。バルデナフィル10mgを含んだ錠剤が1箱に10錠入っており、価格は4,480円(1錠あたり448円)となります。
まとめて購入すると割引となり、最大7箱で11,208円(1錠あたり160円)まで値下がりします。

スーパージェビトラ

スーパージェビトラは、バルデナフィルに加えて早漏防止薬のダポキセチンが配合された混合剤タイプのレビトラジェネリックです。

ダポキセチンはもともと抗うつ薬として開発されたSSRIと呼ばれる部類の薬で、幸せホルモンとも呼ばれるセロトニンを増やす働きがあります。セロトニンは興奮を鎮める作用があり、性交中の過剰な興奮を抑えることで射精を防ぐ効果があります。バルデナフィルで力強い勃起と挿入後の持続を促すと共に、ダポキセチンで射精を抑えて早漏を改善します。

こちらはあんしん通販マートで取り扱っているスーパージェビトラです。バルデナフィル20mgとダポキセチン60mgを含んだ錠剤が1箱に4錠入っており、価格は2,580円(1錠あたり645円)となります。
まとめて購入すると割引となり、最大7箱で6,455円(1錠あたり230円)まで値下がりします。

レビトラジェネリックの口コミ・評判

ここでは、レビトラジェネリックを通販で購入した利用者による口コミ・評判を紹介します。当サイトで紹介しているレビトラジェネリックは全てインド製のコピー薬品ですので、初めて購入を検討している人は口コミ・評判が気になるところでしょう。バリフをはじめ、レビトラジェネリックの感想を良し悪し共に紹介します。

レビトラジェネリックの悪い評判

  • サビトラを買いましたがイマイチ効き目が分からないです。食事の影響を受けないってことで食べた後で飲んだせいでしょうか。
  • レビトラジェネリックは通販で色々と試したけど、カマグラに比べるとパンチが足りない。似たような値段ならば、俺はカマグラを選ぶ。
  • 初めてレビトラ系でバリフを飲んでみたけど、とりあえず頭痛がひどかった。じゃあ勃起はどうなのかっていうと、実感なかった。副作用ばっかりでいい事なし。
  • カマグラが副作用ひどくて、ビリトラってのを買ってみたけども、やはりこれも頭痛と吐き気できつかった。自分には勃起薬あわないのか?とりあえずシアリス系も試してみるけど…

レビトラジェネリックの良い評判

  • バリフ、評判通りに良い具合に効果のある勃起薬で、自分は相性良いみたいです。効き目が早く実感できて、それでいてしっかり持続もするので、何回戦でもいけますね!
  • バリフでもビリトラでもしっかり勃起するんで、私はコスパ重視ってことでビリトラをリピしてます!レビトラ系が一番いいんで、もう当分はビリトラでいけますね。
  • 勃起薬のジェネリックを色々比べた結果、レビトラ系が効き目、使い勝手、コスパのバランスが良いと感じました。
  • 自分は飲み食いした後にやりたい主義なんで、バイ系は向かないっすね。レビ系のジェネがコスパも良いし勃ちも良いし飲み食い後でも良いし一番いいっす!

レビトラジェネリックとは?

当サイトで紹介するレビトラジェネリックは、いずれもインドの製薬会社が製造・販売している製品です。正確にはジェネリックではなくコピー医薬品という扱いになります。

コピーと聞くと何だか怪しげなイメージを抱く人もいますが、これはインドという国の事情に原因があります。というのも、インドでは2005年まで新薬の特許制度がありませんでした。
では2005年以前に販売された薬をインドの製薬会社が製造できないかと言えば、開発元の製薬会社にお金を払えば合法的に製造できるという仕組みになっています。

こうしてインドの製薬会社で作られたお薬は先発薬の特許に関係なく作られたので、後発医薬品ではなくコピー医薬品という位置づけになるのです。
インド産のコピー医薬品は、貧しい人々が医者に行けずにいる発展途上国において、国境なき医師団が医療を行うさいに重宝されています。

レビトラジェネリックの効果は?

レビトラジェネリックは、主成分としてレビトラと同じ量のバルデナフィルが含まれています。製品によって添加物や錠剤のコーティングなど多少の差異はありますが、いずれも薬の作用に影響はありません。

バルデナフィルはED治療薬の中でも即効性が最も高いのが特徴で、飲んでから最短15分という短時間で効き目が出てくる勃起薬です。

シルデナフィル(バイアグラの一般名)の後に登場したバルデナフィルは、シルデナフィルで欠点とされていた以下の2点が改善されています。

  • 食事の影響を受けやすく、食後に飲むと効き目が出なくなる
  • 効き目の持続時間が短い(4~5時間)

バルデナフィルはカロリー控えめの軽食程度であれば、効き目に支障はありません。持続時間においても、8~10時間とシルデナフィルのおよそ倍にあたる長時間の持続が可能です。

勃起力(硬さ)に関しては、シルデナフィルよりもやや劣るものの、勃起薬ならではの強力なパワーを実感できます。健全な時の勃起と比較しても強く、薬を飲んで勃起力を一時的に跳ね上げるという感覚です。勃起薬の効き目の出方は個人差があり、シルデナフィルよりもバルデナフィルの方が効き目を実感できるという人も多いです。

バルデナフィルはあくまで勃起を補助する薬であり、性的刺激を受けて興奮状態にならなければ効き目は出ません。バルデナフィルに催淫効果や精力増強効果、性欲を高める効果はありません。

バルデナフィルを飲んで勃起が止まらなくなるといったことは無く、性的興奮が鎮まれば勃起もおさまります。ただし、ごくまれに副作用として持続勃起症が起きる場合がありますので注意が必要です。

レビトラジェネリックの副作用

レビトラジェネリックは主に頭痛やほてり、鼻づまり、動悸、消化不良、めまいといった副作用が出ます。これは他の勃起薬と同様に、薬の作用によって体の各部位の血管が拡がる事に起因します。

これらの症状はいずれも薬の効き目が出ている間に起こる一時的なもので、時間の経過とともに治まります。

もし副作用の症状が気になるようであれば、頭痛であれば頭痛薬、鼻づまりであれば鼻炎薬といった具合に、頓服薬を一緒に飲むのが有効です。これらの頓服薬はいずれもバルデナフィルと作用が影響しあうことはないので、安心して併用できます。

バルデナフィルで注意すべき副作用は、ごくまれに報告されている持続勃起症です。バルデナフィルを服用して万一、4時間以上にわたって勃起が治まらない場合は持続勃起症の可能性があります。非常に危険な状態であり、放置すると陰茎が治療できない損傷を受けて半永久的な勃起不全に発展する恐れがあります。勃起がなかなかおさまらず4時間経つ場合は、速やかにお近くの病院を受診してください。

レビトラジェネリックの飲み方

レビトラジェネリックの正しい用法・用量として、1日1回、20mgを性交の1時間前に飲みます。バルデナフィルは食事の影響を受けにくいので、食前・食後とも問題ありません。
とは言え少なからず影響を受けるので、空腹時に飲んだほうが最大限の効果が発揮され、食べ過ぎると効き目が出なくなってきます。
レビトラを服用する前に食事を摂る場合は、脂質を控え、カロリー少な目で野菜が中心のあっさりとしたメニューにしておきましょう。

グレープフルーツとの飲み合わせに注意

レビトラジェネリックは水やぬるま湯で飲むのが好ましいですが、他の飲料と一緒に飲んでも問題はありません。ただし、気を付けるべき飲み合わせとしてグレープフルーツジュースは危険です。グレープフルーツには、フラノマクリンと呼ばれる成分が多量に含まれており、この成分がバルデナフィルの作用を強めてしまいます。副作用のリスクが高くなりますので、グレープフルーツと一緒に飲むのはやめましょう。

お酒との飲み合わせは適量なら◎

レビトラジェネリックを服用するさいにお酒を飲んでも良いか?という点が気になる人もいるでしょう。

答えは適量としてほろ酔い程度で済ませられるなら◎です。
それぐらいのアルコールは特に危険性は無く、リラックスさせて性交前の緊張を和らげる良い効果があります。

ただしほろ酔いを過ぎる量を飲むと、次第にアルコールの作用によって脳の神経が麻痺していき、性的興奮が陰茎に伝わりにくくなって勃起力が下がります。

バルデナフィルとアルコールは相互作用によって互いの作用を強めあってしまうため、低血圧気味の人はバルデナフィルの副作用が強まり、お酒の弱い人は回りが早くなってしまいます。低血圧によってめまいを起こしたり、泥酔してセックスどころはなくなる可能性がありますので注意が必要です。
レビトラジェネリックを飲むならば、お酒はほどほどにしておきましょう。

レビトラジェネリックを飲んではいけない人

次に当てはまる人はレビトラジェネリックを使用できません。

  • 狭心症の薬を飲んでいる人
  • 不整脈の薬を飲んでいる人
  • 先天性のQT延長がある人
  • 抗ウイルス薬を飲んでいる人
  • 抗真菌薬のイトリゾールを飲んでいる人
  • 肺高血圧症治療薬のアデムパスを飲んでいる人
  • 肺動脈性肺高血圧症の薬を飲んでいる人
  • 過去にレビトラなどのバルデナフィル製剤を飲んで過敏症を起こしたことがある人
  • 心臓に障害があり、セックスをするのにリスクをともなう人
  • 肝臓に重い障害がある人
  • 腎臓障害で血液透析が必要な人
  • 低血圧の人
  • 治療を受けていない高血圧の人
  • 不安定狭心症の人
  • 最近 6 ヵ月以内に脳梗塞、脳出血、心筋梗塞をおこしたことがある人
  • 網膜色素変性症の人

レビトラジェネリックの使用に注意が必要な人

次に当てはまる人はレビトラジェネリックを使用する前に、かかりつけの医師や薬剤師に必ず相談してください。

  • 陰茎に何らかの欠陥(屈曲、陰茎の繊維化、ペイロニー病など)がある人
  • 血液の病気(鎌状赤血球性貧血、多発性骨髄腫、白血病など)のある人
  • PDE5阻害薬もしくは他の勃起薬を飲んでいる人
  • 出血性疾患または消化性潰瘍のある人
  • 65歳以上の高齢者
  • 肝臓に中等度の障害のある人