はじめてのED治療薬通販!個人輸入サイトの選び方と注意点はここに注目すべし!

プロフィール画像
管理人

ED治療薬を通販サイトで購入したい。でもどのサイトで買ったら良いのかわからない。

私も初めて購入を検討した時は、同じ様に思いました。幸いにも私の場合は、知人が使うサイトを教えてもらった経緯があり、そこから性活についての悩みから開放されました。

同じ様な悩みを抱える方のために、通販サイトの選び方や、おすすめする通販サイトを紹介していきます。どのサイトを選べばよいのかお悩みの方が、参考になればと思います。

もくじ

シアリスは通販購入がおすすめ

シアリスに代表されるED治療薬は、病院で処方してもらっても保険証を使えない自由診療扱いとなり、治療費も薬代も10割負担となります。そのため、わざわざ通院して処方してもらうより、医薬品の通販サイトを通じて個人輸入した方がメリットが多くなります。

通販購入時のメリットを紹介していきます。

メリット1:値段が安い

通販サイトを利用する中で、最大のメリットとも言えるのが値段の安さです。

ED外来などでシアリスだけでなく、ED治療薬を処方してもらうと、診察料や処方料だけでなく、初めての病院であれば初診料などが別途必要になります。これは、薬代以外にかかる費用です。

対して、医薬品の通販サイトでかかる費用は、薬の値段と送料だけです。注文時の合計金額次第では、送料が無料になることも多いため、実質薬代だけで注文できてしまいます。

シアリス20mgの病院処方と通販の相場比較
全国の病院処方の相場 通販サイトの相場
通常価格 1錠1999.4円 1錠1,944.5円
まとめ買い時 割引は特になし 1錠1,610.7円

メリット2:ポイントやキャンペーン

通販サイトによっては、不定期で様々なキャンペーンを開催しています。またサイトによっては、購入する度にポイントが貯まっていくため、ポイント利用で更にお得に購入できるようになっていきます。

開催される主なキャンペーン

  • 期間中10%OFF
  • 会員登録でポイントプレゼント
  • 送料無料キャンペーン
  • まとめ買いで、薬を無料プレゼント

などなど、期間限定ながらもお得なキャンペーンを行っています。薬が必要な時とキャンペーン開催期間が必ずしも合致しているは限りませんが、定期的にチェックしていると、お得に購入できるようになります。

メリット3:誰にもバレずに購入できる

医薬品の通販サイトを利用すると、家族にさえもバレることなくこっそりと医薬品を購入することができます。

特にED専門クリニックなどでは、明らかに用途がバレてしまいます。しかし、通販で薬を注文して、自宅や郵便局留めで受け取れば、誰かに見られることはありません。
更に家族にも内緒にすることさえ可能となるのです。
仮に自宅に届いたとしても、開封されなければダンボールの外見だけは中身がわからないようになっています。

私に通販サイトの利用を紹介してくれた知人は、EDを理由に奥さんとの夫婦生活を拒んでいましたが、EDとは恥ずかしくて言えなかったそうです。でもED治療薬の効果で、今では順風満帆な夫婦生活になっているとのことです。

個人輸入の注意事項

医薬品の通販サイトを利用する個人輸入のメリットは上記の通りですが、その反面でデメリットもあります。
デメリットと呼ぶより注意事項と呼べるものです。

特に初めて海外の医薬品を購入する方も、何度も購入したことがある方でも、通販で購入する際の注意事項をまとめています。

失敗したり安全に利用するためにも、注意事項をしっかりとご確認ください。

到着までに時間がかかる

医薬品の通販サイトでは、外国で販売している薬を個人輸入で取り寄せます。そのため、AMAZONや楽天のように当日配送や翌日配送はできません。

ほとんどの医薬品の通販サイトは、シンガポールや香港、インドなどの東南アジアから発送されています。そのため注文した商品が到着するまで1週間~2週間ほどかかります。

医薬品の通販サイトを利用する際には、余裕を持って注文するようにしましょう。「今週末にシアリスが必要だ」となっても間に合いません。

自分が使用する分のみを購入

まとめ買いの方が安くなるため、「共同購入しよう」というような事や、「試してみたいから半額ずつ出そう」というようなこともできません。

現状では、厚生労働省により『購入者自身の使用』が前提となり、個人輸入が認められています。
つまり購入した本人が使用しなければならず、他人に譲渡したり転売すると、違法行為として罰せられます。
そのため、他人が使用するのを代わりに注文する代理注文も違法行為となります。

薬の使用は自己責任

個人輸入では、日本国内では未承認のシアリスジェネリックの様な薬も購入できます。例えシアリスの様に日本国内で流通してある薬であっても、個人輸入した薬で使用時に何かトラブルが起きても、全て自己責任となります。

一番注意しないといけない点は、薬の飲み合わせや重大な副作用です。自己管理の元に服用しないといけないため、薬の安全な服用方法や注意事項の確認は必須です。

また度々話題にあがるのが、悪質な業者による詐欺や偽造薬による健康被害です。

安いからといって注文した薬が粗悪に作られた偽造薬の場合、死亡した事故さえ起きています。「注文したけど薬が届かない」、「届いた薬の効果が無い」だけならまだしも、健康被害が起きるようなことさえりありますので、「どのサイトで注文するのか?」が一番重要となるのです。

値段の安さもサイト選びの1つのポイントにはなりますが、それだけではない安全や信頼といった付加価値を重視するようにしましょう。

プロフィール画像
管理人

薬を服用する際には、現在どんな薬を飲んでいるのか、持病の有無などを確認しておきましょう。もし不安であれば、一度かかりつけの医師と相談してみると安心できます。

安心して正規品を購入できる優良なサイト選びが、何よりも重要となります。

信頼できる通販サイトの選び方

シアリスに限らず、医薬品を通販サイトから購入する際には、優良サイトで注文することが重要です。

できれば、薬の値段よりもきちんと正規品を販売する信頼性の高いサイトであるか、下記の点をしっかりと確認してから注文するようにしましょう。

値段が安すぎるサイトは危ない?

ネット上には非常に安い値段でシアリスを扱うサイトはいくつかあります。中には50%OFFというサイトさえありました。

しかし、安い値段で販売している通販サイトの評判は最悪でした。紹介されている電話番号も、「詐欺の番号」とさえ出てくることさえありました。

安い値段のサイトの注意点として、安すぎると偽造薬の可能性がでてきます。もしくは、金だけ払わせて、商品が届かないということさえあります。

サポートがしっかりしている

ユーザーに対する信頼性が高いサイトは、ユーザーサポートが充実しています。

特に注目して欲しい点に、トラブルが起きた際などに、問い合わせ先がきんと明示されているかどうかも重要なポイントです。

問い合わせ先やサポートの連絡先があっても探しにくかったりすると、親切なサイトではありません。

問い合わせもメールだけでなく、電話サポートなど複数あると信頼性が高くなります。
問い合わせのメールを送っても、返信まで2~3営業日もかかると、不親切と感じます。サポート体制が整っているサイトで注文した方が、不安が少なくなります。

そのため、できれば電話注文も可能なサイトを選んだ方が、信頼性が高まります。

口コミがしっかりしている

多数の口コミが投稿されているサイトは、ユーザー数に比例するため、信頼度のバロメーターになります。

しかし、注意しなければいけない点に、ステマ投稿による嘘の口コミを多数投稿しているサイトが実在していることです。

それらのサイトは、軒並み誰でも自由に口コミを投稿できるようになっています。自由に口コミを投稿できるサイト全てが、ステマや嘘という訳ではありませんが、実際に他サイトに投稿された口コミがまるまる転載されていたり、日本語としておかしい文章になっていることが多々あるのです。

そこで購入者による口コミかどうかを判断する大きなポイントに、購入した人しか口コミを投稿できない仕様のサイトであれば、信頼性が一気に高くなります。更に、商品の画像付き口コミであれば、疑いようがありません。

口コミの数もそうですが、投稿できる仕組みまで調べてみると、更に精度が高まります。

商品の情報が充実している

薬の説明が具体的であったり、情報が豊富にあると、信頼性が高まります。特に重要なのが、注意事項です。
飲み方等はある程度わかっても、副作用や併用注意の薬なども含めた注意事項がしっかりとしていると、そのサイト内で情報が完結できるため、安心できるのではないでしょうか?

逆に、雑な文章しか無いようなサイトの情報は、例え正しいとしても信頼することが難しくなります。

海外から個人輸入した薬の使用は自己責任となるため、しっかりと充実した情報を掲載しているサイトを選ぶようにしましょう。

欲を言えば、医師や薬剤師の監修があると信頼度が増します。

特商法表記の記載方法に注目する

ネットで調べたら運営実績を重視するという意見もありました。実績の長さは信頼できるかもしれませんが、全てを鵜呑みにしてはいけません。

通販サイトの有名・無名や、実績が長い・短いというのは医薬品の通販やWEBに関する深い知識が無ければ知ることがない、調べようが無いからです。
そのため、ある程度は信頼の目安にできますが、鵜呑みにするのは危険かもしれません。

運営実績などは、特商法表記の記載方法に書いてあることがあります。そのため、記載されている内容や方法に注目すると、信頼性が高まる要素があります。

まず、特商法表記が画像になっているサイトは、概ねネット上の信頼度が低いサイトばかりでした。また、テキストをクリックや選択できないサイトにも少し懸念を抱くと安心できます。

理由として、ユーザーに対する表示義務が特商法表記です。それを調べにくくする理由は、何かしらの理由があるからと伺えます。具体的には、会社の住所や会社名を検索しにくくさせるなどです。

もし「このサイト大丈夫かな?」と思ったら、会社名を特商法表記から調べて検索してみることをオススメします。怪しい評判が出てくるような会社が運営するサイトは、避けた方が安全かもしれません。

プロフィール画像
管理人

私が通販サイトで購入する際に、気にする項目は下記のポイントです。

  • 特商法表記の有無と会社名と住所
  • プライバシーポリシーの有無
  • カートのURLがhttpsになっているかどうか
  • 口コミ投稿が誰でも自由に投稿できるようになっているか

私が普段から利用している通販サイトは、医薬品アットデパートです。知人の紹介でもありますが、現在も利用しています。シアリスなど他のサイトの方が安いこともありますが、新規で冒険するよりは、貯まっている保有ポイントもありますし、何よりもジェネリックがどのサイトよりも安く、今まで購入した薬はすべて効果がある本物である点です。

新規開拓して、騙されるリスクもあります。初購入時から現在でも不満は一切ありません。

医薬品の通販に関するQ&A

医薬品の通販について、色々と説明してきました。しかしまだまだ不安な点などは残るかと思います。そこで、私に医薬品の通販を紹介してくれた知人に聞いた話や、気になって自分で調べた情報を紹介していきます。
Q&Aとしていますが、このQuestion部分は、実際に私が知人に尋ねたことや自分で気になって調べた部分です。

Q1:薬の個人輸入って大丈夫なの?

私が初めて通販サイトを利用した時は、個人輸入自体も初めてで、それが薬となると少し不安でした。

色々と調べたところ、自分で使用する分であれば、今の所違法性は無いという内容が、厚生労働省のHPに掲載してありました。
知人にあげたりしない限り問題無いということなので、現在も引き続き購入しています。

私はED治療薬のみですが、ネット上や某巨大掲示板の情報では、医薬品の種類によって、輸入禁止薬に変わることもあるそうです。
通販サイトには色々な薬が取り扱われているので、気になる薬がある方は、一度調べてみるといいかもしれません。
禁止薬になった薬の取扱は中止になるそうですので、薬が無ければ取扱いが無いのか、中止になったかのどちらかです。

Q2:問い合わせについては日本語?

初めて購入する際には、購入前に一度メールで問い合わせています。もちろん日本語です。夜に問い合わせしたのですが、翌日には返答がありました。内容も日本語です。また一度電話で問い合わせをした際も、日本語で問題ありませんでした。

そのため、英語や運営会社の国の言葉でなく、日本語だけで問題なく対応できます。

Q3:届いた薬は偽物?

特に初めて注文した時には、少し不安だったのも事実です。周りに通販で購入した薬を飲んでいる知人がいたとしても、それはそれだと実は思っていました。

まあ大丈夫だろうと飲んでみたら、効果はバッチリでした。

私は医療系の従事者でないので、薬が本物かどうかなんてわかりませんが、今まで購入した薬全てに、素晴らしい程の勃起効果を実感できているため、本物であると私は思っております。

もし偽物であったり、詐欺まがいの行為をしていれば、ネット社会の現代において、すぐに炎上したりして話題に上がります。現時点でも、私が利用している医薬品アットデパートでは、そのような情報は出ていないので、信頼できるサイトであると思います。