バイアグラを通販で購入

代表的な勃起薬として知られるバイアグラは、当サイトで紹介している通販サイト(個人輸入代行サービス)で購入できます。

ここではバイアグラの通販情報および、バイアグラについて詳しく知らないという方に向けた基礎情報を紹介します。 なお、バイアグラは処方薬ですので薬局や通常の通販サイト(Amazon、楽天など)では購入できません。

現在はレビトラやシアリスなどバイアグラの欠点が改善されたED治療薬も販売されていますが、ガツンと来る硬い勃起力はバイアグラが今なお最強であり、根強い人気があります。

バイアグラは、その優れた強力な効果ゆえに副作用のリスクにも注意が必要です。誤った飲み方をすると命にかかわる重症にもなりかねませんので、バイアグラは用法・用量を守って正しく使いましょう。

バイアグラは手軽に通販できます

バイアグラを通販しようとしてGoogleで検索したらAmazonや楽天が出てきたけど、どっちのサイトにも販売していなかった…なんてガッカリしてませんか?

確かにバイアグラはAmazonでも楽天でも購入できません。しかしながらバイアグラがインターネット通販で購入できるのも事実です。

当サイトで紹介している通販は広い意味でインターネット決済が可能なサービスを指しており、バイアグラが買えるのは厳密に言えば個人輸入代行サービスとなります。

個人輸入代行サービスって?

この個人輸入代行サービス、実に簡単な手続きで海外の商品を個人で輸入できてしまう仕組みで非常に便利なんです。

バイアグラはそもそも処方せん医薬品に分類されるので、本来は通販サイトで販売してはいけない薬です。ですのでAmazonや楽天でバイアグラを見つける事はできないのです。

では個人輸入ならOKなのか?答えはイエスです。

医薬品を個人で輸入する事は厚生労働省で認められており、限られた量であれば許可や手続きの必要もありません。

個人輸入代行サービスはきちんと厚労省で定められた決まりを守っているサイトであれば安心して利用できます。

個人輸入代行サービスを使うにあたって

個人輸入代行サービスでバイアグラを購入する手順はいたって普通の通販サイトと同じです。欲しい薬をカートに入れてインターネット決済を行えば、後はご自宅に配送されるのを待つだけです。

薬の個人輸入において大切なのは信頼できる業者を選ぶことであり、それが一番の注意点です。

バイアグラの偽物に注意

バイアグラをはじめとしたED治療薬は、偽物や粗悪品が大量に出回っています。
バイアグラの製造元であるファイザー社が行った調査によれば、個人輸入されているED治療薬のうち4割が偽物であるという報告があります。

バイアグラの偽物は精巧に作られており、パッと見ただけでは素人に見分けがつきません。それでいて成分が一切入っていなかったり、酷い場合は体に有害なものが混入されていて健康被害に遭う可能性もあります。

本物のバイアグラを買うには

本物のバイアグラを購入するためには、運営元や特商法表記が明記されていて、運営元がきちんと成分鑑定をしているサイトを選びましょう。

上記はあんしん通販マートで提示されているバイアグラの成分鑑定書です。何の手も加えられておらず、情報の透明性が保たれています。

当サイトでは信頼できる個人輸入代行サービスとして、あんしん通販マートを紹介しています。

バイアグラの購入

あんしん通販マートで販売されているバイアグラは、50mgおよび100mgの2タイプあります。
100mgは日本では過剰摂取にあたる成分含量となりますので、100mg錠を服用する際には必ず1/4~1/2錠に割ってからお飲みください。

こちらはあんしん通販マートで取り扱っているバイアグラ50mgです。 シルデナフィルを50mg含んだ錠剤が1箱に4錠入っており、価格は6,980円(1錠あたり1,745円)となります。
まとめて購入すると割引となり、最大7箱で40,549円(1錠あたり1,448円)まで値下がりします。

こちらはあんしん通販マートで取り扱っているバイアグラ100mgです。 シルデナフィルを100mg含んだ錠剤が1箱に4錠入っており、価格は7,680円(1錠あたり1,920円)となります。
まとめて購入すると割引となり、最大7箱で44,615円(1錠あたり1,593円)まで値下がりします。

バイアグラの口コミ・評判

ここでは、バイアグラを実際に購入した利用者の皆様による口コミ・評判ならびに体験談を紹介します。

実際にバイアグラを通販購入するにあたって、不安や疑問がある方も多いでしょう。やはり実際に使用した人のレビューは気になるところですよね。

バイアグラの関する口コミ・評判の中でも参考になりそうなものを、良い評判も悪い評判も掲載していきます。

バイアグラの悪い評判

  • EDを治してくれる夢の薬ってことで、期待してバイアグラを飲んだけど。
    頭痛と鼻づまりがひどかった。頭痛薬と鼻炎薬を一緒に飲む羽目になったけど、正直そんなに効き目が実感できなかった。
    わざわざ他の薬と一緒に飲んでまで続ける薬ではない。
  • 嫁とのセックスで最近勃起しにくくなったので、やむなくバイアグラに手を出しました。
    クリニックで出してもらったんだけど、こんなに高い薬だったとは…。
    おまけに飲んでみると、吐き気がひどくってセックスの途中で吐いてしまいました。勃起力アップどころか、ただ気持ち悪い思いをしただけで最悪の夜でした。
    残念ですが、私にED治療薬は合わないようですね。
  • 情けない話ですが、バイアグラであわや救急車か!?という目に遭いました。自分は高血圧で降圧剤を飲んでいます。
    今考えると本当に愚かで危険なことですが、かかりつけの医師に何の相談もせずにいきなり個人輸入でバイアグラを買ってしまったのです。
    まさか降圧剤との併用が禁忌だったなんて思いもよらず。
    無知な私は何の予備知識もなくバイアグラ1錠を飲んで、いざセックスという時に急激なめまいに襲われてバタッと倒れてしまいました。
    幸い、しばらくすると治まってはきたものの、動悸がずっと続いていて、本当に救急車を呼ぼうか迷いました。
    高血圧でEDになった方は、安易にバイアグラに手を出してはいけません。必ず主治医に相談してから使いましょう。
  • レビトラよりも効きが悪い。
    勃起の強さだけがメリットだと思って期待していたのに、見事に裏切られました。
    副作用でやたらカッカ熱くあって頭痛くなるし、効き目はあまり続かないし。
    一応カマグラも試してみて、同じようだったらレビトラに戻します。

バイアグラの良い評判

  • ED治療薬は一通り試してきたけど、やっぱりバイアグラが一番!
    この歳になると、気持ちはしっかりあっても肝心のナニがついてきてくれない。レビトラはまだマシな方だけど、シアリスなんてまるで頼りにならなくなっちゃった。
    そこへ行くと、バイアグラはナニの都合おかまいなしって感じでグイっと持ち上げてくれる。
    一番、というかバイアグラ以外では心もとなくてセックスに挑めなくなってしまった。それぐらい大事なお薬。
  • 副作用が怖かったので最初はシアリスを使っていました。
    確かにそこそこ勃起しやすくなったかな、という感じでしたが何か物足りず。
    ひとまず副作用の心配はなさそうだったので次にレビトラをチャレンジ。
    なるほど、これは自分が自分じゃなくなるような感じの勃起で感動。
    やや副作用で頭痛が気になってきたけど、思い切ってバイアグラもやってみようと思い先日服用。
    ほてりが来て頭痛もあったけど、それ以上に勃起パワーに感動!そして感度まで上がって2度感動!
    これはバファリンと一緒に飲んででも飲みたい!と思ってリピしちゃいました。
    こんな未体験ゾーンがあったなんて、人気あるわけだ、と納得。
  • 自分は割と空腹でもいけるクチなので、勃起薬はバイアグラを愛用している。
    用法・用量さえ守ってタイミングよく飲めば、他の勃起薬よりも強力な硬さでとってもパワフルなセックスができる。
    あまり長時間にわたってやるよりも、濃厚なやつを短時間で2~3回戦ほどできれば満足なので、持続時間に対しても不満はない。
    たまにはレビトラと使い分けることもあるけど、自分の性生活の主役はバイアグラ一択!
  • 近ごろ、めっきり中折れする事が多くなり、男の尊厳がすっかりシナシナになってきた私。
    これはイカンと思い、お近くの病院にてボソッと「中折れが…」と主治医に相談。するとスッと出されたバイアグラ。
    ついにコレに手を出す時が来たか…と寄る年波を実感しましたとさ。
    それはさておき、家に帰って早速その晩、女房にそれを話して、早速試してみようということで。
    飲んでみるとなるほどいつもより強い勃ちっぷりで、10代の頃を思い出す(果たして10代の頃でもこんなに凄い勃ちっぷりだったか?)。とにかくアソコが硬く大きいので、女房もビックリ。
    いざ始めると中折れなんて何のそのって感じでしっかり持続しました。久しぶりだなぁ、あんなに気持ちいい射精。1回だけでは飽き足らず2回目もしっかり最後までやって、女房も大満足すぎて疲れ気味。
    これがバイアグラか…と恐れ入りました。

バイアグラとは

バイアグラはアメリカの大手製薬会社であるファイザー社が開発した、勃起不全の治療薬です。

同薬は、世界初のED治療薬として認可された勃起薬です。それまでは効き目が不確かな精力剤に頼るしかなかったEDにおいて、臨書データに裏付けされた治療効果が約束された勃起薬が登場したのです。
バイアグラの販売当時は、“夢の薬”として大きな話題を呼び、勃起不全を治療する特効薬として爆発的な人気となりました。

バイアグラの主成分はシルデナフィルで、日本では含有量によって25mg、50mgの2規格が販売されています。
シルデナフィルは新薬の特許が切れていますので、日本では先発薬のバイアグラ以外にも、後発薬(ジェネリック医薬品)のシルデナフィル錠が各製薬会社から販売されています。
バイアグラおよびシルデナフィル錠は、通常の錠剤以外にも水なしで飲めるOD錠(口内崩壊錠)やODフィルムといった利便性の高いタイプもあります。

シルデナフィルはEDだけでなく肺動脈性肺高血圧症にも治療効果が認められており、日本では同成分を20mg含んだ「レバチオ」が肺動脈性肺高血圧症の治療薬として認可されています。

バイアグラの効果

バイアグラは強力な勃起アップ効果があります。その勃起力はレビトラやシアリスを上回り、今なお最強を誇ります。作用が強いためほてりなどの副作用も起こりやすくなりますが、ほてりもまたバイアグラの効き目が出ている証拠だという愛好者も多いです。

バイアグラの効き目は薬を飲んでからおよそ30分後に実感できるようになります。持続時間はおよそ4~5時間で、その間は勃起の硬さや勃起の持続力、射精後の回復力ともに向上します。

つまりバイアグラを1錠飲むだけで、

  • 勃つまでに時間や手間がかかる
  • いまいち勃ちが悪くて硬さ不十分
  • 性交の最中に中折れしてしまう
  • 1回戦しかもたない

といった問題が全て解決し、性交の質がグンと上がります。感度も上がって本人も気持ちが良いセックスができ、しっかりと勃起が持続するのでパートナーも満足させられるようになります。

バイアグラは性欲増強や催淫効果などはありませんので、性的興奮が無ければ勃起は起こらず、興奮が収まれば勃起も自然と元に戻ります。

バイアグラの臨床データが示した勃起改善効果

バイアグラの効果を数字で示した臨床データがあります。

日本でバイアグラを認可する際に行われた臨床試験では、バイアグラを投与した被験者に2つの質問を回答させ、投与前と投与後で回答の変化を測定しました。その結果、それぞれの質問に対する回答は投与前と投与後で以下のように変化しました。

質問内容は、過去4週間以内に性交を試みた時に、挿入に成功した回数および挿入後に勃起が維持した回数です。バイアグラを投与した結果、どちらの回数も、投与前の平均が10回中0~3回だったのが、投与後には10回中5~7回に改善しました。

この数字はバイアグラの投与によって、挿入性交回数および勃起持続回数に有意な変化が見られた事を証明しています。

バイアグラの副作用

バイアグラの主な副作用は、頭痛、ほてり、鼻づまり、動悸、胸の痛み、吐き気です。これらの症状はいずれも、バイアグラが体内の血管を広げる作用によって起こります。

バイアグラは陰茎への血流を増加させて勃起力を高める薬ですので、体内のいたるところで血流の変化が起こり、部位によって様々な副作用となります。症状の出方には個人差がありますが、上記以外にも以下のような副作用が出る場合があります。

  • 関節痛および筋肉痛
  • 腹痛、消化不良
  • めまい、眠気
  • 視覚障害(視界が青色がかって見える
  • 急激な視力の低下
  • 目の充血や結膜炎
  • 肝機能障害

注意すべき副作用として、バイアグラを飲んでから性行為をしている最中に狭心症の発作が起きる可能性があります。狭心症のリスクがある方は、性交の前にバイアグラを飲んでいることを必ずパートナーに伝えてください。

バイアグラの飲み方

バイアグラの基本的な用法・用量は1日1回、25~50mgを1錠を、性交の1時間前に飲みます。バイアグラは食事の影響を受けやすく、食後に飲むと効果が出ませんので、必ず空腹時に飲みましょう。

グレープフルーツジュースについて

バイアグラは水またはぬるま湯と飲むのがベストですが、他の飲み物と飲む場合にはグレープフルーツジュースに注意が必要です。グレープフルーツにはフラノマクリンと呼ばれる成分が多量に入っており、この成分がバイアグラの濃度を高めて作用を強めるため、グレープフルーツジュースと一緒に飲んではいけません。

バイアグラとお酒の飲み合わせ

お酒との飲み合わせに関しては、適量(ほろ酔い程度)であれば問題ありません。お酒は程よく飲めばリラックスして心を落ち着ける効果があるため、バイアグラとの相性は良いと言えます。ただし飲みすぎて体内のアルコール濃度が上がると、脳神経が麻痺して性的興奮が伝わりにくくなり、勃起力が下がりきます。さらにアルコールは体内の血流を増加させるため、低血圧気味の人が飲むとバイアグラの副作用を強めてしまう危険性もあります。

お酒の弱い人がバイアグラと一緒に飲むと、相互作用によってお酒の回りが早くなり、酩酊してセックスどころではなくなってしまいます。

バイアグラを使用する際にはお酒はほどほどにしておきましょう。

バイアグラを飲んではいけない人

以下に該当する人はバイアグラの使用が禁忌とされているのでご了承下さい。

  • 狭心症の薬を飲んでいる人
  • 不整脈の薬を飲んでいる人
  • 肺動脈性肺高血圧症の薬を飲んでいる人
  • 過去にバイアグラなどのシルデナフィル製剤を飲んで過敏症を起こしたことがある人
  • 心臓に障害があり、セックスをするのにリスクをともなう人
  • 肝臓に重い障害がある人
  • 最近 6 ヵ月以内に脳梗塞、脳出血、心筋梗塞をおこしたことがある人

バイアグラを慎重に飲むべき人

以下に該当する人は、バイアグラを使用する前にかかりつけの医師や薬剤師に相談をしてください。

  • 陰茎に何らかの欠陥(屈曲、陰茎の繊維化、ペイロニー病など)がある人
  • 血液の病気(鎌状赤血球性貧血、多発性骨髄腫、白血病など)のある人
  • 他の勃起薬を飲んでいる人
  • 出血性疾患または消化性潰瘍のある人
  • 65歳以上の高齢者
  • 肝臓に障害のある人
  • 高血圧の薬を飲んでいる人
  • 多系統萎縮症の人